雨の中を必死に走る親子 その光景に気付いたバスの運転手は…?
2023/11/10

新しい街に引っ越してきた主人公は、子供たちが新しい学校に通うためのバスの運転手に出会った。 ある日、天気予報が雨を予報していた。主人公の子供たちは雨に濡れるのを避けるため、バスで学校に行くことになった。当日、主人公と子供たちはバス停でバスを待っていた。

すると、突然、激しい雨が降り始めた。主人公は子供たちと一緒に雨足の強くなる中、バスが来るのを待った。しかし、時間は過ぎてもバスは現れなかった。子供たちは寒さと雨に打たれながらも必死に走りながら学校に向かおうとする。 そんな中、主人公はバス停に近づいてきたバスの運転手に気付いた。運転手は子供たちを見つけると、バスを止めてドアを開けた。主人公と子供たちはバスに乗り込み、運転手に感謝の気持ちを伝えた。

その後、運転手との出会いをきっかけに、主人公は心温まる体験をすることとなった。運転手は優しく子供たちを助けるだけでなく、毎日の通学の中で彼らと会話をし、励ましの言葉をかけてくれた。 この出来事から、主人公は優しさと思いやりの大切さに気付き、自分自身も新しく来る人々にも同じような優しさを伝えることを考えるようになった。主人公は運転手から受けた優しさに感謝し、その恩返しをするために、周りの人々に自身の優しさを提供したいと思うようになった。

広告

そして、6年が経ったある日、主人公は新しい仕事に就き、自身の優しさを仕事を通じて広めることができることになった。彼は人々の笑顔を作り出すために、日々努力し、心をこめて仕事に取り組んでいった。

雨に打たれながら必死で走る親子との出会いが、主人公の人生を変えたのだ。彼は自身が受けた優しさを忘れず、周りの人々にどんなに小さなことでも優しさを提供し続けたいと心から思っている。

広告

AD
記事